大阪・本町・鶴橋・桃谷・コリアンタウン近くのK-popダンス専門スタジオクラウン。

韓国語の発音

2017.04.21

アニョハセヨン!!

 

高校生の時、選択授業で韓国語を取っていたんですが
20人いたとしたらその内15人はケーポペンでした、さすが女子校(笑)

 

 

 

その授業で一番と言っていいほどくどくやった内容が
『ん』の違いでした。
しっかり勉強すると、今まで全部同じだった「ん」の聞き分けができるようになったんです、感動😳

 

 

 
まず「ㄴ」
これは発音するとき、舌は上あご(上の前歯の裏あたり)にくっついています。
アンニョンの最初のンがこれですね!
日本語で言うと金(きん)の”ん”とか…

 

 

 

 

次に「ㅇ」
これの発音は舌はどこにもくっつかず、浮かせたまま、少し喉の方に引っ込めるような、くっつけるような形になります。
韓国語ではアンニョンの最後のンです。
日本語だとリンゴとか、サンゴとか。

 

 

 
最後に「ㅁ」
この発音では、唇が閉じて、上唇と下唇が完全にくっつくはずです。
韓国語ではキムチのムのとこです。
え、ムじゃないん!?ってなるのですが、ンとムの間みたいな感じです。
日本語ではパンとかですねぇ。

 

 

 

この発音だけで意味が変わってくるので難しいですね😕

 

 

 

 

👑大阪コリアンタウンのK-POPダンスレッスンスタジオクラウン👑

Facebook

Instagram